彼氏いない歴10年、元腐女子の初心者恋愛奮闘記

いつのまにか二次創作活動が衰退してしまい、趣味・恋愛を掲げてみたアラサー腐女子のズタボロ奮闘です。

男の前でタバコは吸わない

現在禁煙1ヶ月

 

禁煙したくてしている訳ではない。

アラサーの洗礼なのか、体の至る所にガタが来ていてタバコどころじゃない。

 

元から強いものは吸えないので、タバコなんてあってもなくても同じようなものだ。

 

長期間離れていてもそんなに支障はきたさないのだが、ボンヤリ考え事をしたい時や夜風が気持ちいい時などは「タバコ吸いたいな〜」と思う。

 

私は1人の時か、煙が大丈夫な親しい女友達の前でしか吸わない。

 

意識してそうしている訳ではなかったのだが、最近タバコデビューした後輩くんに聞かれて、そういえは男の前では吸わないなぁと思い立った。

 

何となくイメージだが、女子はタバコがあんまり好きじゃないし、男はタバコを吸う女に偏見がある気がしている。

 

 

●タバコダメ女子ダメ男子

 

自分の煙は平気だが人の煙は嫌いだ。

喫煙者の中にはこういう人って結構いるんじゃないかと思う。

 

いろんな人からこの手の意見をきく

 

吸う者同士ならそこは互いに目を瞑れると思うが、吸わない人からしたら臭いし煙いし最悪だろう。

 

吸っていい?と聞くと断りづらいだろうし、吸わない方がいい?と聞いてもそんなに親しくない時はやはり断りづらいだろうと思って聞くのも煩わしい。

 

仲良くない相手ならそんなに長居はしないし、思案が必要なほど深い話もしないだろうから吸わないでいる。

 

童貞脳の「うわ…!タバコ吸ってる女ってバカでビッチなんだろ!?」みたいなのも嫌いなので、なるべく男の前で吸わない。

 

●タバコ吸う男子

 

同じ喫煙者でも、タバコ吸う男子の何となく感じる連帯感みたいなのが嫌いだから、奴らの前でも吸わない。

 

「タバコ行く?」みたいな

喫煙所仲間みたいな雰囲気が嫌いで混ざらないことにしている。

 

話しに聞く分には喫煙所仲間とか良いねぇと思うが、何だろうな、あの「タバコ仲間じゃ〜んw」みたいな感じ…

 

私の周りの男だけだろうかw

嫌いなんだよな〜

 

喫煙者だと分かった途端親しげにしてくるのが嫌なので、やはり男の前では吸わない。

 

●好きな男が喫煙者でも吸わない

 

単純に、身を寄せたりキスをしたりする時に女側がタバコ臭いとテンションが下がるからだ。

 

私のテンションが

 

私いまタバコ臭いんだよなぁと思いながら近寄りたくない。

 

女の方が髪が長いし、服装もフワフワした生地の小物や服を身に付けている。

 

となると、ヤニ臭くなる部分が男より多い気がする。

 

なので、やはり男の前では吸わない。

 

 

 

「先輩喫煙所来ないスけど、いつもどこで吸ってるんですか??」

 

と尋ねられ

 

「え、私男の前じゃ吸わないよ」

 

と答えたときの、「おぉ〜〜〜いwww」みたいな後輩くんのテンションが忘れられない。

 

いや、カマトトぶる訳ではないんだけども

 

 

あと、何となく人がたくさんいる場所で吸いたくない。

 

私は大学生の頃は嫌煙家だった。

若い女がタバコをふかす光景はあまりカッコいいものではなく、見栄えが悪い。

 

喫茶店とかでは全然吸うのだが、職場の飲み会や友達の友達辺りの謎な人物が集まるような場では吸わない。

 

知人程度の人の前だと吸わないのかな〜と分析している。

 

もっとシワくちゃになって、ド派手なワンピとかが似合うようになったらいろんな人の前で堂々と吸うとしよう。

 

それまでに私が手に入れるべきは健康なのである。

言葉なんてタダなんだから感謝と褒めはバカみたいに出せば良い

私は甘ったれである。

 

怒られたらヤル気がなくなる

みんな頑張ってるから頑張れとか言われたら

 

あーん出ましたよぉ〜みんな頑張ってるから〜

 

って気持ちでいる。

 

そりゃいい年なので、空気は読もうとするし本当にチームが忙しい時に1人だけ帰ったりはしないが

 

無駄な残業で得るものなど何もない

 

正直「帰る前にやる事ないかひと声かけてね」の文化も嫌いだ…

 

自分の仕事を最低限片付けて、よっしゃ帰るか〜って時に他人の仕事を手伝うなんて嫌だ…

 

それが後輩だったら私は声を掛ける

 

私より業務が軽いはずの後輩が遅くまで残っているということは、何か分からなくて試行錯誤して立ち止まっているのかも知れない

 

「ひと声かけてね!」と言うのは、大体先輩か上司だ。

 

あんたらは手伝って欲しかったら「ゴメン◯時までにコレ終わらせたいから、手空いたら手伝って!」だろうが

 

そう言ってくれれば全然手伝うのだが、まるで「気が利かないんだから…」みたいな風潮を何とかした方が良い。

 

気を利かせることを強要してばかりいるから無駄が増えるんではないのか?

 

気なんか利かなくて良いから気持ちよく関係して行けば良いではないか〜

 

いつも思うのは、言うだけタダなんだから「ありがとう」とか「助かったよ!」とか「◯◯さんはこういうの得意なんだね」とか

 

金がかかる訳じゃないし法廷で不利になる訳でもないんだから、ガンガンプラスのことを言えば良いのに

 

謝罪はまぁ、サッとした方が良いのだが

私には謝りグセがあり

 

「とりあえず謝ってこの場を収めよう」とする傾向があり、それで色々と不利を被って来た。

 

感謝と褒め言葉はバシバシ使うべきだが、あまりスグに謝ることはないのかも知れない。

 

疑問に思ったら確認したり、自分が悪くないと思ったら上の人に指示を仰いだり

 

何とでも戦いようはあるのだから、あまりスグに謝らない方が良いんではないかなぁと思う。

 

ただ、何事も可愛げは必要だ。

戦う気満々で臨戦態勢で「私は自分に非があるとは思えません!」とか言うとケンカになるので、やんわりとが大切だ。

 

 

よく、旦那を褒めても図に乗るだけで、ちょっと頼まれて食器洗ったくらいでイクメンぶる

 

家事をやった気になる

 

と、結婚している友人や兄弟が愚痴っている。

 

既婚者の事情は分からないから、果たしてこれが良いのかは分からないのだが、褒めてやりゃ良いじゃん…と思ってしまう。

 

図に乗らしてやれば良いじゃないか…

 

後々不利になるからとか、イクメンぶられてムカつくとか

 

気持ち分からなくないのだが、褒めて褒めて褒め千切ったらどうなるかちょっと実験して見て欲しいのだ。

 

私は残念ながら配偶者がいないので実験出来ないのだが、出し惜しみすると相手も貴重な記憶にしがみ付いて「あの時俺もやったのに!」みたいになるのではないか?

 

頼まないと手伝わない

と怒るのなら、毎度頼んで毎度褒めて感謝してみたら、何か好転することはないのだろうか

 

いやぁ、分かんないんだけどね!

叩かないと分かんないんだよ派の気持ちも分からなくないし、叩きたくなる気持ちも分かる。

 

だが、叩いて叩いて叩いて褒めてくれた時に感動するのは懐いている人か、尊敬している人限定だ

 

(こいつ毎日毎日毎日毎日文句言って来やがってクソが)と思っている人が急に褒めて来ても

 

はぁ…どもッス…

 

みたいな感じにしかならない

私ならね!

 

大前提としてこの人が注意してくるってことはそれなりの理屈があって、私が間違っているんだろうと思わせることが必要だ。

 

私の職場にも厳しい人はいるが、その方はキャリアが長い・職に対する知識が他と段違い・外部からの信頼が厚い

 

いつも大体この人に怒られているが、この人が言うんだから間違いない、と思っている。

 

そう言う人に褒められると、わぁ〜!正解だったんだー!///とはしゃぐ。

 

完全に飼いならされている。

そう言う人には私はメチャメチャ懐くよ。

犬よ

 

もっとその人から技術や知識を盗みたいと思って近づいて行く。

 

怒られるが、その注意から学ぶことも沢山ある。

 

だが、特に尊敬していない人に同じような態度をとられると「あ゛?」となる。

 

自分がそんなに立派な人間じゃないと思うのならば、厳しく当たるより甘く甘く接する方が絶対に良い。

 

正しいとか正しくないとか、間違ったこと言ってないんだから怒って当然だみたいな

 

そういう事でなく

 

自分が他人にどういう言葉遣いで、どんな顔をしているかを意識してみると良い。

 

もちろん自分の働きぶりや人格に自信がある時には、どうぞ存分にやってくれて構わない。

マジメな人ほど他人を責めがち

イキリ根暗ブスの記事を書いていたら、突然文字数が0になった。

 

人を悪くいうなと言うことか

いや、私は負けない。言う。

 

性格の悪い棚上げ論だとは思うが、私は割と悪口推奨派だ。

 

人間生きてたら嫌なこともあるし、育った環境が違うもの同士が共にいればぶつかる事は沢山ある。

 

その場で収めるのは大人だし、全員聖人君子ではないのでどこかで吐き出さなければ「悔しい悲しいムカつく」の感情はどこへ行くのだろう。

 

自分で解消できる人は、多分聖人君子だ。

出来ない人の方が多いので、本人のいない所で吐き出せばいいと思う。

 

「人の悪口言う人って信じらんない!」と声を大にして胸を張っていう奴がいるが、誰かに近づく手段に悪口を言う、悪口で他人を貶めようとする人以外は、別にそんなに怒る程の人格破綻者ではない。

 

むしろ、そんなことを声高に言って周りを息苦しくするお前の方がどうかしてるんじゃないか?と思う。

 

そっと胸に秘めて、自分は上手いこと言わないようにすれば良いじゃないか。

 

うるせーなぁ

 

 

さて、私の立場表明はこんな感じだが、問題はマジメな人たちである。

 

人の悪口云々系も同じタイプなんじゃないかと思うが、マジメな人々は良かれと思って人を責める

 

なんせマジメなので、間違った事は言っていない。

 

彼らはイマイチグレーゾーンを理解していない。

 

mustの感情が強いんではないかなーと思っている。かく言う私にもそういう部分があるが、男性と上司が主な対象だ。

 

特に苦しそうなのはmustを自分に課している人々だ。

 

「結婚してなければ社会的信用は得られない」「30までにコレくらいの貯金がなくてはいけない」「大人がこんなことをしてはいけない」

 

もぉ〜〜〜大丈夫!?!?

みたいな

 

夢はお嫁さん♬とか言ってる方がまだ良い。

だってそれはmustではないからだ。

心から望んだ夢ならば、良いね👍と思える。

 

これが出来ないから私はおかしいとか、あの人はおかしいとか

 

大丈夫か!

生きろ!!

 

遅刻は15分まではセーフだと思うし、台風の日は会社が休みで良いと思う。

 

盆正月はみんな休めば良いし、儲からなくても良い、貧乏でも良い

 

これも私の愛読サイトハム速にあったまとめ記事なのだが、鬱から立ち直った男性がある老人の言葉に救われたという内容で

 

「日本は最低限出来ていなければならないことが多すぎる」

 

「最低限が自分は出来てないと思うから苦しいし、死にたくなるんだろう」

 

的なことが書いてあったが、私の心のノートに自由に書き写した後なのでちゃんとした内容は個々でググって欲しい。

 

いやぁ〜そうなんだよな〜と思う。

 

そんなに沢山出来なきゃならないことがあったら、そりゃ死ぬしかないよな!って感じだ。

 

コレをマジメに守ってる人たちから見たら、そりゃ出来ない奴らなんて責めて然るべき対象だろう。

 

自分は辛い思いしながらやってるんだもんね…そうよね…

 

私は10分前に来たのにテメェは15分遅刻して来やがる!私の25分を返せ!とかね、思っちゃうよね…

 

お前も遅刻すれば良い〜〜〜〜じゃん!!!

 

って、思うんだけど、言えないよね、遅刻してんだもんwwww

 

だから遅刻すんなとか言われるんだと思うんだけど、私はやってるのにアイツはサボってる、ズルイって感情って、毒だよね

 

ズルイって、羨ましいに似ている

 

やりたいんだろ?君もこうしたいんだろ?

すれば良いじゃん!?

って感じ

 

でも、ズルイと思っててもやらない方を選んでるってことは、羨ましくても選ばないだけの価値がある物をその人が取ってるってことだ。

 

それはその人の選択だから良いと思うし、間違いなくそういうマジメな人の方が老後は安泰なので、それはそれで良いんじゃないかな〜と思う。

 

まさにアリとキリギリスだ。

私はこんな感じで野垂れ死ぬんかな〜と思うこともあるが、それはそれで、死ぬときに自分の人生がどうだったか総生産しようと思う。

 

とりあえず、祖父母や親よりは先に死なずに、キリギリスなりに楽しい道を見つけたいものだ。

 

誰も責めず、自分も責めず

楽しいと思える道を探したいと〆ようと思ったが、私は悪口推奨派なことを忘れていた。

 

人生に矛盾は付き物である。

出来る女はやる女〜緑間真太郎の名言を思う〜

お引越し作業が終わるまでコッチに記事は増やさないと思ってたのにー(T-T)

 

面倒になるのは私だけだし良っか…!

 

 

 

近年稀に見るパワフルな人にお会いした。

 

自分から狩に出るタイプの女はこんな感じなのかと、感心してしまったし面喰らった。

 

今まで会ってきた私サバサバしてるんでとも違う

 

不機嫌わがまま系とも違う

 

「私はこう思っててこういう事がしたくて、その為にこうするんだ」と臆面もなく口に出すタイプとでも言おうか。

 

使えるものは全部使うし、常に自分と関わる人の間で、互いに収穫があるかを考えていた。

 

自分だけ得をしようとする人は多い。

 

男でも女でも、何となくマウントを取り合って、良い感じのところで自分は損をせず美味しいところが欲しい。

 

私自身もその気があると思う。

 

恥をかきたくない

美味しい思いをしたい

努力なく手に入ったものを見せびらかしたい

誰かに求められていることを誇示したい

 

みたいな

 

そんな思いって結構誰にでもあると思うし、むしろそっちのが普通だと思う。

 

「私って何か恵まれちゃってるじゃないですかー」みたいな

 

ゆるーく生きている上で、何かタナボタ的な、美味しい思いをしたい。

 

じゃなかったら嫌な思いはしたくない。

 

平坦で良いから、平和に生きて生きたいし、そんな色んなこと考えたくない

 

って感じで

クチでは色々言うけど、みんな大体こんなもんだと思う。

 

が、その女性は

 

私はこういう努力をしてコレを得た

私はあなたにコレを与えられる

私はあなたにコレを求める

さぁどうする!?私に応える気はあるか!?

 

という

 

自分の苦労や努力の末に自信をもって「私はコレが出来るぞ!」というプレゼンをする。

 

す、スゲェ…と、毎回面食らっている 

 

その女性と話すと、顔面に何発も打ち込まれたみたいなクラクラを感じて、頭パンパンになってしまうような

 

パワフルってこういう事を言うのか…?みたいな感じだ。

 

見た目や声量、言葉遣いで自分を誇示するタイプじゃない。

 

下手なマウント人間よりも「あわわ」と思わせてくる。

 

他人を否定して自分を上げて、みたいな姑息な手ではなく

 

普通にしている状態で「叶わない」と思わせる力というか。

 

自然体なのだ。

何というか、リラックスしている格闘家みたいな????

 

下手なキラキラ女子なら、こちらも「そういう感じか」で対処出来るのだが、今までに出会ってきた人の中に彼女のような人はいない。

 

キラキラ女子ではあるのだが、中身は格闘家だ

 

素敵な彼氏と楽しいお仕事、充実した毎日!happy!だけじゃない

 

全部お持ちではあるのだが、それを相応の努力と苦労を持って獲得してきて、もっと上に行くと言い切る彼女は、人並みな表現しかできないがっょぃ。。。

 

いやぁ…勉強さしてもらいました…

 

マウントで思い出したけど、こんなクソみたいな女久々だぜぇ!!って奴との遭遇とも次回書きたい。

 

とにかく私は今顔面パンチを喰らった直後で、マックでポチポチこの記事を書いて途方に暮れている真っ只中だ。

 

黒バスの真ちゃんが『俺が天命を待つのは人事を尽くした自信があるからだ』みたいなことを言っていた気がする。

 

そうだよな、当たり前だけど最初から天命を待っていても、人事を尽くさない限り今より良いことがポンとやって来るようなことはないのだ。

 

宝くじも買わないと当たらない

 

当たるわけないじゃんと思って買わない奴は、人事を尽くしていない

 

急にお金持ちにならないかなーと思いながら何もしない奴よりは、毎年宝くじを買ってるやつの方が人事を尽くしていると言って良いだろう。

 

発送が乏しいが、今私が思い付く人事を尽くす例がコレしかない。

 

もう少し色んなモノを磨かなければならない気がするが、今尽くせることをするしかない

ブログお引越し

タイトル通り、お引越し作業中のため更新停滞しております。

 

また後でお知らせしますー!

価値基準は自己防衛の種類で変わる

毎度私のタイトルは微妙に分かりづらくていけない。

 

なんかもっと分かりやすくキャッチーな物言いがあるハズなのに!

 

パッと見返すと分かりやすいのが下ネタしかない!!いい加減にしてくれ!

 

 

私は夜中の散歩を日課にしようと4日前から奮闘しているのだが、ボーッと歩きながら価値観が合わない人のことを考えていた。

 

図書館にちょいちょい行くのだが、丁度借りてきたこの本を読み終わったタイミングだった。

 

f:id:kobami0628:20170907231116j:image

 

タイトルだけ見て本を買ったり借りたりするタイプだ。

 

やさぐれた気持ちだったので『幸せ嫌い』なるタイトルに惹かれて借りてみた。

 

奇しくも、アラサー向けの結婚相談所を題材にした内容で「おぉ…タイムリー」と思いながら読み上げた次第である。

 

内容は、結婚願望旺盛な男ウケ抜群な主人公だが、恋愛体質のせいで婚期を逃して30歳になってしまった。

 

男ウケが身にしみたその才能を生かし、結婚相談所に勤めながら結婚とは何かを考えて行く…

 

と、いうあらすじだ。

 

結婚願望がある人の気持ちはよく分からないので、主人公に対して「いやぁ、あんたなら大丈夫だよ。こんな可愛いらしい30歳ならスグお嫁さんになれるよ」と、田中みな実を思いながら読んでいた。

 

私が注目したのは、可愛いらしい主人公でも、キレ者の女所長でもなく

 

結婚に踏み切れずにいるキャリアウーマンの象徴として出されたお客さんの方だ。

 

プライドの高さや、スグに否定すべき場所・疑ってかかる箇所を見つける洞察力、男ウケの為の媚びが不得手なこと

 

男性の生態へ納得できないこと、高慢になってしまうこと等など

 

私の友達にソックリやんけ…!!!

 

友達は、職業柄ブランド物は身につけないが

 

・いつも反論の余地を探し

・相手の弱点を探し

・敵か味方かをジャッジし

・懐柔か攻撃かを常に考えている

 

いつの時代の戦闘民族なんだと、彼女と話していると毎度驚かされる

 

どうすれば自分が強そうに見えるか考え抜いて生活している。

 

ヒールの高さや、目線、仕草、声音

 

そういう所まで、いかに攻撃力を上げるかを考えながら生きている。

 

威嚇は余計な争いを生まない為らしい。

 

戦闘民族…

 

彼女はそんな自分を曲げるくらいなら結婚や恋愛などどうでも良いと豪語する。

 

そんな自分をよく卑下しているが、満足しているのも見ていて分かるので、それはそれで良いと思う。

 

 

 

彼女はしっかり者で、真面目で、あまり器用なタイプではない。

 

要領が悪いことで家族から幼い頃から批判されていた彼女は、真っ当な道を真っ当に歩むことで自分の正当性を証明しようとしているように思う。

 

ルールから外れてなければ、多少怠けたって構わない

 

ちょっとミスをしても、愛嬌で許しを得る

 

そういう事が出来ない人だ。

 

それが出来ないことで、母親に愚鈍だと言われ続けた彼女は、とても母を愛しているし、同時にちょっとだけ、恨んでもいる。

 

どこの家の母娘にもある、母へのちょっとした恨みだけれど、愚鈍だと言われ続けた自分を認めさせる為に、彼女は『世間』に強く囚われる。

 

自分の精神が悲鳴を上げても、それが体に現れても、世間ではこうだと言われていることを意地でもやり遂げる

 

逃げるのも手だと伝えても、戦い続ける。

 

いつも気を張って、何にも負けないようにしているのだなぁと、少し心配になってしまう。

 

でも、戦う事が愚鈍と言われる自分を正しいと証明する、自分を守る為の方法なのかな…と思う。

 

 

私は自分を縛ったり傷付けたりするモノから自分を守ろうとする傾向がある。

 

コレはウチの母が心底ナルシストだったからで、女同士の気安さ故に、容姿であったり生活面のによく口を出す人だったからだと思われる。

 

独特の美意識の押し付けや、独善的な物言い、かまってちゃんな所

 

私も母を大切に思っているが、それに縛られた若い頃を思うと、やっぱりちょっと恨んでいる。

 

縛られるのがイヤだし、嫌な思いをさせてくる奴も嫌だし、自分が辛い我慢できない!と思ったら最悪逃げ出して良いと思っている。

 

私がいなくなっても世界は回るのだがら、全然大丈夫なハズ

 

と、無責任だけど自分が最優先。

 

世間体よりも自分が大事になってしまう。

 

コレで苦労したことが割と多いので、現状この逃げ癖を克服するのが課題である。

 

 

私はこんななので、世間とか社会とか、当たり前とか、あまりそういう思考が好きじゃないというか

 

当たり前に縛られていては私は自分を守れないので

 

世間でこうだから、を真面目にやってたら爆発しちゃうぜ〜 みたいな気持ちで生きている。

 

コレがきっと価値観って奴なんだろうなと、思っている。

 

なんかお母さんのせいにしたけど、分かりやすく思い浮かんだのがお母さんだからゴメンねお母さん!笑

 

 

私は友達に価値観が絡む相談をした事がある。

 

そして、ソレを実行した結果、彼女のように断固としてやり遂げる意思がない為、味気ないハンパな事をしてしまった気がしている。

 

彼女は世間・社会・当たり前を自分の意志で貫いて戦っているから、自分に満足できる。

 

その価値が良いとか悪いとかではなく、そこに自分の意志があるかどうかの問題だ。

 

彼女は流されると決めて流されているから強いんだな、と、思い至った散歩道であった。

 

こないだ迄は『私はそんなの間違ってると思う!』と鼻息を荒くしていた私とは思えない

 

急成長だ

 

褒めてくれる人がいないので、自分で褒める。

 

「当たり前」に流される時もあれば、そうでない時もあるだろう。

 

自分は小さい頃、流れる川に石を落としたり葉っぱを落としたりして、流れが変わるのを見たり、葉っぱの動きを見るのが好きだったことを思い出した。

 

私の人生も、そんな感じで楽しく眺めらんないかな〜と、希望的観測。

乙女ゲーでだって一生懸命恋愛したいタイプなんだよコッチは

f:id:kobami0628:20170906155921j:image

 

私はアタックしてくる人は基本好きじゃない。

 

一時期名古屋みさとさんのブログでもこのネタが話題になっていたのだが

 

ふぇえ…こんな私を好きになるなんて気持ち悪いよぉ。こんなレベルの低い私を好きになるなんてこの人のレベル相当ヤバイよぉ

 

という、自己肯定感が低いタイプの人がコレに該当しやすい方向で話が進んでいた気がする。

(こんなだったっけ?)

 

正直、私は自己肯定感は死ぬほど高い。

 

色々悩んだり「あーん私のバカバカ!好感度最悪だよぉ!」みたいな自己否定をすることもあるが、基本的に「私のこと好きなの?嬉しいありがとう!私も私のこと大好き!」という、おこがましいタイプである。

 

 

そういえば、「このおじさんは面白いこと言うなー」と思ってる悲恋改善カウンセラーを謳うおじさんのブログで言ってたことなのだが、手に入れていない女への男の好意は好きとは違うから気を付けろという警鐘が鳴らされていて

 

それはホンマやな!!と思っている。

 

私はありがたく好意を好きに変換して受け取っていたので、1つ反省している事柄だ。

 

 

話を戻すが、世には「好きになってくれた人がタイプ♬」という人が男女共に多い。

 

多分『この人、私(俺)のこと好きなんじゃ?』と思って気になって見ている内に良い感じになってくる流れなのかなぁ?と思うのだが

 

いかんせん男友達が人生で1人も出来たことがない私にとっては謎の展開だ。

 

そうでない場合でも、合コンとか街コンとか

 

そういう恋愛するぞ!と意気込む男女が出会う場ではだんだん好きになるとかないけど、好きになってくれた人を好きになる法則が当てはまる場面がある。

 

その場の雰囲気で誰が誰を狙ってるのが何となく分かって、では交際を前提に遊びに行きましょうご飯に行きましょうみたいな感じじゃないか

 

ソレがとっても苦手だ。

 

好きになってくれた人をありがたく受け入れられない。

 

セフレ君との始まりにも書いたが「俺はあなたに興味がありますよ」と看板を建ててる人を見ると「ひゃああ〜〜〜!!!」となる。

 

なるべく近付かないようにしよー!

怖い怖い!みたいな

 

だってコッチがちょっとok出した途端にドーーーンと進むじゃないか!

 

怖いんだよ!あの勢いが!

待て待て待て待て!!!

ってなる

 

ちょっと心を開いてみたら、ドーーーンと進んで訳わかんない関係に落ち着いてクソみたいな結果に終わった

 

という体を張った実験結果を持つ私は、やっぱり今後も好きになってくれた人にokを出すことはないと思う。

 

男女の差はないのかも知れないが、男の人の「それってokって事だよね!?キミも俺のこと好きなんだよね!?だってご飯も行ったし映画も行ったし楽しそうだったし云々かんぬん」みたいな勢いが、怖い…

 

ok判定が早い…

 

ちょ、待てよ!

私の中のキムタクがストップをかけている。

 

私は意味が分からない内に好意を寄せられるのが嫌なのかも知れない。

 

だってまだコッチは相手を好きじゃないのだ。

 

自分が好きになった人なら

 

「好き好き!楽しい!ご飯屋さんショボかったけど全然嬉しい!あなたのお顔を眺めてられただけで幸せ!」って楽しいんだが

 

 

「好き好き!楽しい!ご飯屋さん高いとこ奢った!車も出した!キミが笑ってた!俺も幸せ!付き合おう!

 

何でそうなった!!!!???

ってなるじゃない…?

 

今好きになるかも知れない段階だからヤメろ!!!って、なるじゃない?

 

そんで、ヤメろ!!!って思った時点でもう辟易しているパターンが多い。

 

それに、悲恋改善カウンセラーのおじさんが言っている内容を当てはめるなら

 

「好き好き!(まだ好きなのかはよく分かんないけど)(狙ってる女が俺に向かって心を開いてくるのが)楽しい!」 

 

ってことだろう??

 

それに対して私が応えられる女なら良いのだが、自分が相手を好きじゃないから「え?う、うん…?」となってる内に相手の盛り上がりは最高潮に達し後はその盛り上がりは落ちるばかりだ。

 

好きだという確信が持てない内は「この人に嫌われたくない」という気持ちがわかない。

 

飽きられること、嫌われることを恐れないし、自分を分かって欲しいとも思わないし

 

頼んでないのにガンガン売り込んでくるので相手を分かりたいとも思えない

 

アタックしてくれる人は本当にありがたいと思うのだが、いつも勢いがある人にばかり当たるのは何故だろうか…

 

ヤリ目ならそうだといってくれた方がマシである。

 

ヤんないけど…。

 

ちなみに私は乙女ゲーでも一生懸命恋愛がしたいタイプだ。

 

昨今の乙女ゲーがいかんなと思うのは、最初からイケメン男子が自分のことを好きなのだ

 

面白い女だぜ

とか

俺が君を守るよ!

 

みたいなね?

よく見るけどね?

 

何でなん?キミ私の何を知ってそうなったん??

 

私のことを好きになる要素が微塵もないのに何なん???と

 

怖いよ

おサイコかよ

 

顔が好きだとか言ってくれたら「そっか」と思うのだが、ああいうのは何か知らんがスグ好きになってくる。

 

ときメモGSを見習って欲しい。

 

親密度低い時の、葉月 珪くんのデートの断り方を見習って欲しい。

 

そうでなくても、ときメモシリーズは好感度が低い時の「お前私にサイコー興味ねーーーーーーじゃん!!!!」感が、後々仲良くなってきた頃のキャラへの愛着だったり達成感だったりを深めてくれる。

 

そんな中、最近私が好きなのは今をトキメクA3!だ。

 

自分は監督なのだが、貧乏劇団を再構築する為に奮闘する。

 

監督ちゃんがよく働く。

そして思考がまとも。

 

f:id:kobami0628:20170906155136p:image

 

f:id:kobami0628:20170906155140p:image

 

f:id:kobami0628:20170906155142p:image

 

これはネタバレなんだろうか?

どっかから怒られそうな時は消すとしよう。

 

こういう時に、「えっ…///」となる系の主人公が溢れる中、監督ちゃんのまともな返したるや…

 

ゲーム性に関しては面白い所はないのだが、監督ちゃんがまともな事によってシナリオが面白いし、イケメン達にも愛着がモテる。

 

突然主人公を好きになる変な人たちではないのだ。

 

監督ちゃんは、ソシャゲにありがちなクッソ役に立たないくせに一丁前に男に助けてもらおうとするタイプの女主人じゃない所もよい。

 

ちゃんと働いてるし、ちゃんと劇団のことを考えて動いている。

 

大変だ、文字数が3000字に近付いているのに、ときメモとA3!の宣伝をしている。

 

私の「好きになってくれる人が好きになれない」のは、この辺の思考に起因しているのではないのかなぁ  というコトでまとめとしよう

 

もし良かったら同じく「好きになってくれる人が好きになれない」人がいたら教えて欲しい。

 

この点については周りが分かってくれないorそもそも男が嫌いな人ばかりで、全く研究出来ずにいるので苦戦している😩