彼氏いない歴10年、28歳元腐女子の初心者恋愛奮闘記

28歳になりました。いつのまにか二次創作活動が衰退してしまい、趣味・恋愛を掲げてみたアラサー腐女子のズタボロ奮闘です。

27歳で処女を捨てて見た話しー感想編ー

諸々出会って来た人々については、また別な記事でまとめるとしよう。

 

出会いの場に幾度か赴いた結果、1個下の関西弁の男の子に出会う。

顔が好きだと思った。

ロクな恋愛経験がないので、関わる異性を選ぶときは顔しか決め手がない。

 

男と話すのが苦手なので、とにかく性格より顔しかない。

 

恋愛初心者の私でも分かる遊び人オーラの持ち主だ。

 

オタク女としかつるんでいなかった私は、言いよる人をシャットアウトすることに躊躇はないのだが、明らかなレベル差がある好みの人を上手く引きつけておく術などは持っていない。

 

0か100かのコミュ症的な高飛車恋愛しかしたことがない。

 

ないないづくしの当時27歳の私は、なんやかやあってまんまとお持ち帰りされた。

 

常套句の「何もしないから」「寝るだけだから」を100%間に受けたワケではないが、女子としかつるんだことの無い私は3割くらいは「普通に寝てくれるんじゃないだろうか」と思っていた。

 

断り方次第で何とか本日の宿がゲットできる…?とも思っていたが、現実はそんなに甘くない。

 

あと、この年でまともに恋愛経験のない女に上手に断るというスキルはない。

 

いざそうなるとどうして良いのか分からないのである。

 

あぁ、この人マジでする気なのか

と、ぼんやり思うくらいだ。

 

結構デロデロに酔っててもどこか冷静で、こんなのは良くないとは思っていても『でも私27なんだよなぁ』と年齢がチラつく。

 

若い頃はまだ自分の処女性に何となく価値を見出していた。

 

だが、もう30を目の前にして、何を大事にしているのだろうか。

 

思春期の頃の初体験の相手と愛を貫き、今幸せに一緒に生活している人がどれくらいいるのだろう?

 

それって全人口の何%くらいなんだ?

 

初体験が良い思い出な人ってどれくらいいるんだろう?

 

処女ってそんなに価値のあるものなのか?

 

喜ぶのは一部の処女厨だけだし、処女厨からしたら27の処女なんてありがたくも何ともないだろう。

 

そもそも処女厨なんてキモいのでこちらからも願い下げだ。

 

自分を大事にとかよく言われるけど、大事にするってなんだ

 

むしろ行きずりのスッゴイ顔が好きな人にもらってもらうくらいのが気楽で良いんじゃないか?

 

恥を晒して良い気がする

だって私27歳だし

 

多分もうこの人と会わないし

 

と、言うことで、とりあえず致してみることにした。

 

感想としては、男の人って大変だなぁ…

 

彼には大変申し訳ないのだが、酔ってる&経験値0のせいで何の期待にも応えてあげられなかった。

 

最中、無意識に謝ってて、何でヤリチンにお持ち帰りされた私が謝らなきゃならんのだと思ってはいたが、セックスは一方通行ではなく、お互い奉仕し合うものなのだと学んだ。

 

彼が良いヤリチンだなぁと思ったのは、3ラウンド中奉仕の精神を全く失わなかったことである。

 

私は一体何に感心しているのかと思うが、本当に感心した。よくこんなマグロを3回も抱く気になったもんだ。

 

 彼が頑張ってくれるので、何とかお返しをしようと思うが、息子を可愛がるいい塩梅も分からないし何分知識がBLしかない。

 

みんなが少コミで学んでいた間、私はジュニアで学んでいた。

 

個人通販の知識なら負ける気がしないのだが、どうしたら良いか全然分からん。

 

それにBLの受けは大体アレよアレよと言う間に攻めに良いように抱かれて勝手に昇天する。

 

もしくはBLのフェラは最初から割と許される。
それもそのはずだ、奴らはどっちも男だ。

最初から上手なわけだ。
羨ましい。

 

実際経験してみると、受けとはセックスにおいて非常に自分勝手な奴らである。

 

もっと奉仕し続けてくれる攻めに感謝した方がいい。

 

もう1つ驚いたのはキスに関してだ。

 

よくBL小説で『歯列をなぞる』という表現があるが、歯列はなぞらない…!

 

衝撃だった。

確かにコッチも口開けてたら歯列なんてなぞれない。

 

ちなみにまともにキスしたのもこの時が初めてである。

 

上顎もくすぐらない。

マジかよ

 

今のところ3人とキスしてみて誰も上記の2つはやって来ないので、もしかしたらBLスタンダードのこの表現はただの様式美なのかも知れない。

 

舌を吸う派もあまりいない

 

だがBL知識を試してみようとコレをやってみると、軒並み喜ばれるし「キスは上手だ」と褒められる。

 

キスに限定されているのが癪だが、現在圧倒的経験不足の私では相手をヒィヒィ言わせることは不可能だ。

 

なので、ちょっとでも対抗したいと思ったら初心者腐女子でもできるので是非やってみて欲しい。

 

また、小説ではよく舌を絡ませるとは言うが、舌は思ったより厚くてそんなに絡まない…!

 

くすぐる程度である。

 

百聞は一見にしかずだなぁと、感心し切りの初体験であった。

 

いつかまた創作意欲が湧いた時に、ぜひこの体験を有効活用したいものだ。

27歳で処女を捨てて見た話しーきっかけ編ー

昨年最も印象深かったのは、初めてセックスしてみたことである。

 

最近ではいい年の童貞も処女も珍しくないようなのだが、やはり私の年代では堂々と言うのはちょっと気が引ける。

 

まぁ他の年代がどうだかは分かんないんだけど

 

あと、あんまり人に言う機会もないのだけれど

 

彼氏という存在はちょこちょこいたが、正直まともに彼らと向き合ったことがなく、27までセックスとはトンとご縁のない生活をしていた。

 

あまり必要性を感じなかったのと、最後の恋人が高校生なのでお互い実家住み&お互い生真面目でそういう雰囲気に全くなったことがない。

 

一緒に帰るのと神社でおしゃべりするので精一杯な若かりし頃だ。

 

モテない訳じゃないと言ってはいるが、花の女子大生時代はどうだったのかと言うと

 

周りに女の子がいっぱいいて、触ってもあんまり怒られなかったからあんまり人肌恋しい思いをしたことがなかった。

 

私は人に触るのは大好きだ。

 

おはよ〜!と挨拶のハグ

辛い〜と慰めを求めてのハグ

久しぶり〜!で、ハグ

 

眠たいーと肩を借りても怒られないし、オタクの巣窟だったので「お姉ちゃんオッパイ大きいやん」とかやっても、パーソナルスペースが狭い子は別に怒らない。

 

対等な友達にはやらないけど、ソコソコ仲良い許してくれるオタク友達にはよくやっていた。

 

また、その頃私には有り余る時間があり、東京という土地に出て来たお陰で沢山のイベントに足を運べるようになった

 

この2つが合致したとき、私の腐女子人生は最高潮だった。

 

とにかく忙しかった

 

サイトの更新、リクエスト消化、オタク同士の交流、イベント参加の為にバイトをして、部活もこなし、勉強は自分の興味のある分野しかない

 

しかもソレがBL小説のネタになる

 

とても楽しかった。充実していた。

 

そんな楽しい時間は終わり、社会に出て、仕事を始めた。

時間もお金もあるのだが、何分疲れる。

生きるので精一杯だ。

 

明日の為に深夜アニメはリアタイでは見られない。

 

新しい曲も聞かないからイメソンも見つけられない

 

旬のジャンルはクソみたいなグッズ展開で腐女子たちから金を搾取しようとしている

 

疲れてしまった

 

いつの間にか私はBLから離れていた。

 

2次創作がダメなら商業誌を…と思ったが、商業誌で自分好みのものをと思うと、同じ作者のシリーズ物やレビューが良いものなど、守りに入ることが多くなる。

 

あと私は商業誌のパソコン描きがあまり好じゃない

 

漫画はアナログで描いてくれよ派だ 

 

そんなこんなで長い間私の人生の9割近くを占めていた趣味がなくなった。

 

空っぽとはこの事を言うのか

 

しばらく人の趣味に乗っかり楽しい事を探す企画をしていたのだが、ある日突然思い立つ。

 

27歳は若くはない

だが腐ってもまだ20代、取り返しのつかないババアでもない

 

恋愛市場に置いて、27歳はどの程度の価値があるのだろう

 

そこで、私は趣味・恋愛を掲げてみることにしたのであった。

 

〜続く〜

 

まずは自己紹介なのか?

いちブロガーとして自己紹介は必要な気がする

 

あと、単純に私が自己紹介とかキャラ付けとか好きだからやる。

 

28歳、事務員

美容好きだが趣味はあまり生かされていない

 

髪の毛とかツヤツヤにしたいと思ってるけど、今のところ金をかける以外の選択肢は見つかっていない。

 

腐女子

若者の熱気に押され、また世間のグッズ展開やイベント展開の早さについていけずに降りてしまった。

腐女子歴17年で生きてきたのだが、この趣味をなくした途端私の人生の楽しみが全くと言って良いほどなくなる。

腐女子は私のアイデンティティだったのだ…

コレを失ったその時から、全てが上手くいかない気がする。

鬱ってる物言いだが、私はどんだけBLに支えられてきたんだと驚くばかりである。

 

性格

良くいえば天真爛漫

悪くいえば常識知らずで自分勝手である

 

B型をこう言う時の言い訳にしてはいけないと常々思っているが、分かりやすいのでB型のせいにしようと思う。

 

世の中の流れとか常識とかがこの年になっても抗っていたいと思っている。

 

世間のテンプレみたいなコトを言うヤツを哀れんで生きてきたが、現在の職場ではソレがデフォっていうか多分普通の人が集まってる職場だから、きっと本当に社会的にはこの考え方がデフォルトなんだろうなって感じ

 

社会の縮図!まぢむり!

28歳、彼氏いない歴10年になりました

5年、10年、15年とか

 

何となく節目の年な気がする!ってことで、数多の人々がやっているであろう備忘録を付けようと思い立った次第であります。

 

最後に彼氏がいたのは18歳の頃

 

女子高生と呼ばれた息を吸ってるだけで可愛い時期

 

いやに色が白くて高音のかすれ声の彼だった。

顔が好きだった。

最高にタイプ!って言ったら、みんなに首傾げられた思い出しかない。

 

振り返れば初めての彼氏は中学1年の夏。

これも色白の背が小さいガタイが良い子だったなぁ

同じバスケ部の男の子。

1週間で破局

 

2年になった次も同じバスケ部の男の子

2ヶ月もったか?

 

覚えてないけど、寒いからって朝礼のとき彼の体操着借りたりみんなの目を避けて一緒に帰ったり、恋人らしいことをした気がする。

 

でも下っ端キャラの彼が嫌で、なんかこじつけて破局

 

まぁ、今までの遍歴はまた別に書くとして、何が言いたいかと言うと

 

非モテを掲げるようなブログタイトルにしといてアレなんだけど、私は自称: 決してモテない訳ではないモテない女である。

 

てか、モテるかモテないかと言われればどちらかと言うとモテない層の人っていっぱいいるんじゃないかと思ったのです。

 

 世の中には喪女かモテる女かしかいない訳ではない。

 

てか、モテってなんだ?

モテるってそんなに偉いのかよ??

 

いや分かるよ、モテる方が何となく強いの分かるよ。

 

でも疑問なんだよ!

 

何となく蔓延している

長く彼氏がいない女を哀れむ感じ?

男も同じなんだけどさ

 

「恋人なんて必要ない」とか言ってるけど、それは拗らせてるのだ

 

という風潮?

 

これは草食男子にも当てはまるんだけど、奴らは草食男子として世に受け入れられてるのに、ナゼ女は草食女子と言われないのか

 

肉食女子とは言われるのに

 

つーか草なんか食わなくたって生きていけるんだよ

 

とか言ってると、あぁ…拗らせ女子様ですね(笑

 

って言われるあの感じ

 

この風潮は今に始まったことではないんだけど

 

私自身が転職を機に、プラス27歳のときの出会いチャレンジを機に思いっきり感じたので、まだまだ恋愛至上主義が蔓延してるんだなと身に沁みました😭

 

ちなみに私はこういうこと言い出すとき、どうしても脳内がぼのぼのシマリスくんになります。

 

本当は『思うのでぃす(CVシマリスくん)』って書きたいけど、28歳かぁと思うと出来なくなります。切ないっス

 

まぁ書くんだけど///

 

と、言うことで、去年年間通して行った出会いチャレンジについてとか

 

自分自身についてとか

 

モテ、非モテ以外のグレーゾーンについて語ってくブログにしたいと思います。

 

ところでHNってどこで変えるんだコレ??