彼氏いない歴10年、元腐女子の人生奮闘記

いつのまにか二次創作活動が衰退してしまい、趣味・恋愛を掲げてみたアラサー腐女子のズタボロ奮闘です。最初は恋愛メインだったのに、生きることメインになってきましたwww

体験記

イキリブスとの思い出でランキングつけた

kobami0628.hatenadiary.com 以前この記事で「イキリブスに遭遇したから次回その話を書くね」と言ったくせに、そっからかなり時間と記事数が増えてしまった。 イキリブスとの思い出はほろ苦く、いいネタではあるが思い出す度に新鮮な殺意に覆われてしまいそ…

未だ男の方が結婚へのハードルが高いと思うんだわ〜アラサー女が流行りだが〜

分かってる 続き物があることも、まだイキリブスの話を書いていないことも。 分かっちゃいるけど今思った事を書かないと死ぬのでソレらは無視する。 普通に考えて、自分がアラサーだと言う事実ばかりに目を向けていたが 普通に男の方が小さい頃から叩き込ま…

若さ故のプライドを捨てて見る②〜顔面編〜

なんか無意識に最近若さについて考えているのか… そういうお年頃だから良いんだけどね ②プチプラコスメ 20代前半で小金を持ち始めると、何となく今までの子供だった自分から一皮剥けたくなってくる。 雑誌で取り上げてるデパ地下コスメを使えて一人前みたい…

若かりし頃との合コンを比較してみる

大崎は根拠のない自信を抱いている系の人間である。 理由は特にない。 私が私である限り私を好きでいない理由がない。 久しぶりに華金を合同コンパという名の意見交換会に費やして来た。 アラサーになると周りがみんな結婚してて、合コン減るんだよねー って…

男の前でタバコは吸わない

現在禁煙1ヶ月 禁煙したくてしている訳ではない。 アラサーの洗礼なのか、体の至る所にガタが来ていてタバコどころじゃない。 元から強いものは吸えないので、タバコなんてあってもなくても同じようなものだ。 長期間離れていてもそんなに支障はきたさないの…

乙女ゲーでだって一生懸命恋愛したいタイプなんだよコッチは

私はアタックしてくる人は基本好きじゃない。 一時期名古屋みさとさんのブログでもこのネタが話題になっていたのだが ふぇえ…こんな私を好きになるなんて気持ち悪いよぉ。こんなレベルの低い私を好きになるなんてこの人のレベル相当ヤバイよぉ という、自己…

AVに求めているのは爽快な疾走感

身もふたもないタイトルだが、どこにも吐き出すところがないのでココで語ろうと思う。 ※ホントにただAVについて語るだけです AVも男性向けエロ同人も楽しく見れるタイプの腐女子なのだが、オカズ目的というよりはエロでちょっと笑いたいみたいな時に見ること…

他意識過剰

自称:モテない訳ではないを豪語する私なので、もちろん自意識過剰である ちなみに他意識も過剰である。 私は大戸屋でご飯を食べていた。 1人でチキンかあさん煮定食を食べていた。 五穀米にした。 すると、ガラガラとキャリーバッグを引いてカップルがやって…

③ナゼ恋愛初心者の私にセフレがいたのか

何やかやLINEでやり取りをしたり、出先ついでにドライブに連れて行ってくれたり、セフレ君はマメな男であった。 基本的に人好きでケータイ好きな私にとって、良いペースで付き合ってくれる人であったのは確かだ。 だが、話せば話すほど「?」となることが多…

ナゼ恋愛初心者の私にセフレがいたのか〜将を射んと欲すればなんとやら〜

いやいや、セフレにされたんだろうがと思われそうなタイトルである上に、私自身も「どっちがどうなんだ?」って感じなのであるが されたと言うのも納得いかないセフレ君との始まりなのだ。 イマイチ自分の中で整理が付いてないので、改めてまとめたくて書き…

あまりにも食指が動かない男がこの世にはいる

私には好きなタイプの顔がある。 鼻が高いコトが第一条件だ。 目は細い方がいい。 歯並びは良い方が良いが、多少出っ歯気味でも許容範囲がある。 肌は綺麗な方が良いが、それよりも色黒はちょっと苦手だ。 まぁつまり塩顔の優男だ。 でも多少ガッチリしてて…

股間に自信がある男はやはり強い

私の経験人数が2人だから比較例が2つしかなくて申し訳ないのだが、その少数例でもタイトル通りのことを感じたのでやはり…という感じである。 対象1 関西弁ヤリチン ・若干のモラハラ男(多分ナメられている) ・モテ仕草が自然に出来る。ホンマでっかのモテ仕…

貧乳のパイズリほど虚しいものはないだろう

突然だが私は貧乳である。 「Dカップです♡」というと聞こえは良いが、Dの65(ホックをめいっぱい外側にしたもの)と聞くと、女性の皆さんは「それは…」と気付くのではないだろうか。 大事なのはアンダー。 もう一度言う 大事なのは、アンダーだ アンダーとは、…

拗らせへの反抗

『拗らせてる』は、自称するものである。 というか、コレは自己防衛の為の言葉だと私は思う。 行き遅れババアだの理想が高いから云々だの、ブスのくせに高望みうんちゃらかんちゃら 諸々の自身への批判を一言で跳ね返す為の魔法の言葉だ。 「私、拗らせてる…

いい歳して処女を捨てて見た話しー感想編ー

諸々出会って来た人々については、また別な記事でまとめるとしよう。 出会いの場に幾度か赴いた結果、1個下の関西弁の男の子に出会う。 顔が好きだと思った。 ロクな恋愛経験がないので、関わる異性を選ぶときは顔しか決め手がない。 男と話すのが苦手なので…

いい歳して処女を捨てて見た話しーきっかけ編ー

昨年最も印象深かったのは、初めてセックスしてみたことである。 最近ではいい年の童貞も処女も珍しくないようなのだが、やはり私の年代では堂々と言うのはちょっと気が引ける。 まぁ他の年代がどうだかは分かんないんだけど あと、あんまり人に言う機会もな…