彼氏いない歴10年、元腐女子の人生奮闘記

いつのまにか二次創作活動が衰退してしまい、趣味・恋愛を掲げてみたアラサー腐女子のズタボロ奮闘です。最初は恋愛メインだったのに、生きることメインになってきましたwww

いい歳して処女を捨てて見た話しー感想編ー

諸々出会って来た人々については、また別な記事でまとめるとしよう。

 

出会いの場に幾度か赴いた結果、1個下の関西弁の男の子に出会う。

顔が好きだと思った。

ロクな恋愛経験がないので、関わる異性を選ぶときは顔しか決め手がない。

 

男と話すのが苦手なので、とにかく性格より顔しかない。

 

恋愛初心者の私でも分かる遊び人オーラの持ち主だ。

 

オタク女としかつるんでいなかった私は、言いよる人をシャットアウトすることに躊躇はないのだが、明らかなレベル差がある好みの人を上手く引きつけておく術などは持っていない。

 

0か100かのコミュ症的な高飛車恋愛しかしたことがない。

 

ないないづくしの当時の私は、なんやかやあってまんまとお持ち帰りされた。

 

常套句の「何もしないから」「寝るだけだから」を100%間に受けたワケではないが、女子としかつるんだことの無い私は3割くらいは「普通に寝てくれるんじゃないだろうか」と思っていた。

 

断り方次第で何とか本日の宿がゲットできる…?とも思っていたが、現実はそんなに甘くない。

 

あと、この年でまともに恋愛経験のない女に上手に断るというスキルはない。

 

いざそうなるとどうして良いのか分からないのである。

 

あぁ、この人マジでする気なのか

と、ぼんやり思うくらいだ。

 

結構デロデロに酔っててもどこか冷静で、こんなのは良くないとは思っていても『でも私27なんだよなぁ』と年齢がチラつく。

 

若い頃はまだ自分の処女性に何となく価値を見出していた。

 

だが、もう30を目の前にして、何を大事にしているのだろうか。

 

思春期の頃の初体験の相手と愛を貫き、今幸せに一緒に生活している人がどれくらいいるのだろう?

 

それって全人口の何%くらいなんだ?

 

初体験が良い思い出な人ってどれくらいいるんだろう?

 

処女ってそんなに価値のあるものなのか?

 

喜ぶのは一部の処女厨だけだし、処女厨からしたらアラサー処女なんてありがたくも何ともないだろう。

 

そもそも処女厨なんてキモいのでこちらからも願い下げだ。

 

自分を大事にとかよく言われるけど、大事にするってなんだ

 

むしろ行きずりのスッゴイ顔が好きな人にもらってもらうくらいのが気楽で良いんじゃないか?

 

恥を晒して良い気がする

だって私アラサーだし

 

多分もうこの人と会わないし

 

と、言うことで、とりあえず致してみることにした。

 

感想としては、男の人って大変だなぁ…

 

彼には大変申し訳ないのだが、酔ってる&経験値0のせいで何の期待にも応えてあげられなかった。

 

最中、無意識に謝ってて、何でヤリチンにお持ち帰りされた私が謝らなきゃならんのだと思ってはいたが、セックスは一方通行ではなく、お互い奉仕し合うものなのだと学んだ。

 

彼が良いヤリチンだなぁと思ったのは、3ラウンド中奉仕の精神を全く失わなかったことである。

 

私は一体何に感心しているのかと思うが、本当に感心した。よくこんなマグロを3回も抱く気になったもんだ。

 

 彼が頑張ってくれるので、何とかお返しをしようと思うが、息子を可愛がるいい塩梅も分からないし何分知識がBLしかない。

 

みんなが少コミで学んでいた間、私はジュニアで学んでいた。

 

個人通販の知識なら負ける気がしないのだが、どうしたら良いか全然分からん。

 

それにBLの受けは大体アレよアレよと言う間に攻めに良いように抱かれて勝手に昇天する。

 

もしくはBLのフェラは最初から割と許される。
それもそのはずだ、奴らはどっちも男だ。

最初から上手なわけだ。
羨ましい。

 

実際経験してみると、受けとはセックスにおいて非常に自分勝手な奴らである。

 

もっと奉仕し続けてくれる攻めに感謝した方がいい。

 

もう1つ驚いたのはキスに関してだ。

 

よくBL小説で『歯列をなぞる』という表現があるが、歯列はなぞらない…!

 

衝撃だった。

確かにコッチも口開けてたら歯列なんてなぞれない。

 

ちなみにまともにキスしたのもこの時が初めてである。

 

上顎もくすぐらない。

マジかよ

 

今のところ3人とキスしてみて誰も上記の2つはやって来ないので、もしかしたらBLスタンダードのこの表現はただの様式美なのかも知れない。

 

舌を吸う派もあまりいない

 

だがBL知識を試してみようとコレをやってみると、軒並み喜ばれるし「キスは上手だ」と褒められる。

 

キスに限定されているのが癪だが、現在圧倒的経験不足の私では相手をヒィヒィ言わせることは不可能だ。

 

なので、ちょっとでも対抗したいと思ったら初心者腐女子でもできるので是非やってみて欲しい。

 

また、小説ではよく舌を絡ませるとは言うが、舌は思ったより厚くてそんなに絡まない…!

 

くすぐる程度である。

 

百聞は一見にしかずだなぁと、感心し切りの初体験であった。

 

いつかまた創作意欲が湧いた時に、ぜひこの体験を有効活用したいものだ。