彼氏いない歴10年、元腐女子の人生奮闘記

いつのまにか二次創作活動が衰退してしまい、趣味・恋愛を掲げてみたアラサー腐女子のズタボロ奮闘です。最初は恋愛メインだったのに、生きることメインになってきましたwww

【NHK過労を】最近の私の生体を赤裸々に書こうではないか【見て】

もうブログの引っ越しメンドイ!

やめた!笑

 

私ってこんな人間である。

でも、『私ってこんな人間』って思いは大切だと思うのだ。

 

SNS関係で何となくいつも思うのは、誰かに見てもらいたいとか、共有したいと思って初めは書き出しても、何となくその中で「見てくれてる人たちに対するニーズを考え始めてしまう」「自分を良く見せようとしてしまう」という自意識的な何かが浮上してきてしまう。

 

実際私も、自称モテなくないを謳うからにはモテなくないエピソードを出さねばということに躍起になってしまい、何か良い女ぶりがりな記事が増えたなぁと思うようになった。

 

違うだろ大崎!誰にどう思われても私がしていることは全て自称!

 

「ただの痛いアラサーおばさんじゃねーかwww」と思われても、別にそれは相手の取り方だから関係なのだ。

 

私は自称モテなくない可愛いアラサーだがwあなたから見たら痛いアラサーおばさんかも知れない

 

それで良いじゃないか

人ってそんなもんだ

 

馬鹿にされたくなくて

良く見られたくて

生きやすくしたくて

 

色んな理由があるけど、自分ではどうにもならない相手の印象を操作しようとしてしまう。

 

そうしていると、他人の目に映る自分に振り回されてしまう。

 

元々私は、あまり人の目を気にするタイプではなかった。

それは、私は昔から究極に自己中だが、人が好きだったから、全世界に強く拒絶されたり否定されたとは思わなかったからだ。

 

学生時代は、ソリが合わなくてグループを離れることもあったし、一時期グループ内で仲違いをして一人でお昼を食べたりすることもあった。

 

全然平気!って訳ではないが

中学生の頃「あそことは合わなそうだから、自分に合うグループを探してるよ」と正直に伝えた時、感心してくれる友達がいた。

 

「お母さんに大崎のこと話したら『その子は強い子だね』って言われたよ」って教えてくれた友達の言葉は、今でも私を支えている。

 

その子達とは、クラスが離れてもよい関係でいられた。

 

高校の頃、グループ内で仲違いをして一人で美術室でお弁当を食べていても、別グループの子が「ヒマな時読みなよ!」とギャグ漫画日和を全巻かしてくれた。

 

私は自ら一人を選んだので、これはハブられたとはカウントしていない 笑

 

ギャグ漫画日和を全巻、美術準備室に置くことを先生が許してくれた。

美術準備室で一人でお弁当を食べるのはちょっと寂しかったが、暖房を独り占めできた。

昼寝が捗った。

変わり者で気持ち悪いとみんなに嫌われていた先生が、私に気を使ってたまにお菓子をくれた。

聞いてないのに奥さんや娘や、今日描いた絵の話をしてくれた。

両親が心配してくれた

姉と妹が傍にいた

 

必ず誰かは優しくしてくれた

誰かの厚意が傍にあることが、私を揺るがないままでいさせてくれたんだと思う。

 

それに、私は自分が好きだった

だって私は可愛いし

だって私は明るいし

だって私は頭良いし

 

誰にどう思われても、誰かに嫌われても今は学校で一人ぼっちでも、私は私そのものが間違っているとは思わない。

 

そんな風にブレずに生きてこれたのは、本当に周りに恵まれていたし、愛情に気付けていたからだろう。

 

 

この年になって私は一瞬、精神を病んだと思う。

思うというのは、イマイチ鬱にしては冷静だったなぁと思ったからだ。

 

けれど、家に帰ってくると長時間立っていられない。

玄関で暫く蹲らないと靴が脱げない

 

食欲がない。

食べるという行為がしんどいのだ。

お腹が空かない。

体は空腹を訴えるのだが、脳が食べたいと思っていない。

何か食べようと思って冷蔵庫の前に行く

疲れ果てて、土下座の姿勢で冷蔵庫の前で泣いていた。

 

そんな日が何日も続いていた。

 

泣きながら

「あぁ、ヤバいなぁ」とどこかで思っていた。

 

食べないと本当にダメになる。

意識して、少量でカロリーが取れるものを選んで食べた

 

顔の筋肉が動かない

意識しても笑えない

 

かなり髪が抜け落ちた

 

解せないのは、頬は痩せこけるくせに体は全く変わらなかったことだ。

病みダイエットは成し得なかった。

ままならないことだらけである 笑

 

成人してからこんな泣き方したことないレベルで毎日嗚咽が出る。

原因は仕事場の人間関係だったが、何もなかった日も何かあった日も

何もかも、誰も彼もに否定されているように感じていた

 

心配してくれる人もいた

今振り返れば、むしろ心配してくれる人の方が多かったようにも思う。

 

けれど、今回は私が私を否定していた。

私が自分の何もかもを責めていた。

 

ある朝、いつもよりもハイテンションな自分がいた。

ここ最近感じたことないくらい前向きだ。

 

何か分かんないけど元気になって良かった!

ヨッシャー!1週間頑張るぞ~!

と、気合を入れるが、体が動かない。

 

うつぶせになって、右手、左手、踏ん張って、上半身起こす。

正座して、一息ついて、ベッドから降りる。

 

ベシャッと一回転がり落ちて、そこからまた同じように起き上がる。

 

どんなに眠たくてもダルくても二日酔いでも、こんな風に一個ずつ脳から指令を出して動くことなんて今までなかった。

 

しかし、しばらくすると普通に動きだす。

疲れてるのかな…と思い、化粧をする。

 

全部終わって「よし、行くか」と思った瞬間、ダーーーーーーーーっと涙が溢れてきた。

 

一瞬で息が出来ないくらい涙が出てきて、ヒィヒィ言いながら泣いていた。

時計を見ると、出勤まであと15分ある。

何とかおさまれおさまれと思うが、15分経っても全然止まらない。

 

「これはいかんぞ」と思い立ち、よく話を聞いてくれていた上司に連絡を取り、しばらく休暇を取らせてもらった。

 

1週間の内に3件心療内科を回った。

 

カウンセリングやら診察やら何やらで6万飛んだ。

6万あれば何でもできるのにーーーー!!

 

しかし、何となく、どのお医者さんもしっくり来ないのだ。

私の悩みの本質というか、体調が悪い核の部分に触れられていない気がする。

 

まぁお医者さんは薬を出すのが仕事だからしゃーないのかも知れないが、その道のプロであるはずのカウンセラーさんも

 

「そういうこっちゃ無いんだよね~!」

 

みたいな気持ちにさせられる。

 

色々ググったが、こればっかりは相性らしいので仕方がない。

病院にかけられる資金も尽きてきたし、一週間も経つと何となく気持ちが落ち着いてきた。

 

私はブログを始めた。

書くことが好きだからだ。

 

誰が何と言おうと、参っている時でも、歌うことと書くことは止められなかった。

 

これが直接何かになるとは思わないが、文字で自分を綴ることは私にとって何よりのリハビリだった。

 

病気をして1つ確認したことが、やっぱり私は私が好きだということだ。

 

仕事の場で、私が正しかったとは思わない。

むしろ迷惑をかけたし、甘かったと思う。

今まで愛嬌だけで生きてきた弊害が出てしまった。

 

でも、それでも私は私を大事にすることを止めちゃいけなかった。

 

人にどう見られているか、これ以上怒られないようにするためにどうすれば良いのか、嫌われないようにはどうしたら良いのか

 

ずっとオロオロしていたと思う。

 

そういえば今まで30年近く生きてきて、こんなに人の目を気にしたことは無かったんじゃないだろうか。

 

今なら分かるが、私が出来ないことは私が何とかしなきゃならないけど、私を嫌うのは相手の勝手だ。

 

もう~こればっかりはしゃーない!

出来ない私のことが嫌いなんじゃもう仕方ないな!

許してくれとも思わない!

 

許しは請わない!だって私頑張ってるもん!

 

迷惑かな…怒ってるかな…

アレもコレも私のせいだ

私が悪いんだ

私がバカなせいで

 

とか

 

つまらんな!!

 

悪いってなんだろう??

そりゃミスは悪いかも知れないし無能も悪いかも知れないし人に迷惑かけることは悪いかも知れないけど

 

悪いか??

 

究極それって誰か死ぬわけじゃなくない?

 

そりゃ、信頼がなくなるよ!とか言われたらホントだよねって感じなんだけど、それってどれくらい悪いの?って感じ。

 

無責任でも逃避でもなんでも良いけど、その信頼って私と比較してどれくらい大切なのかなぁと思った時に、私は社の人間関係の信頼よりも、社とお客様間の信頼よりも

 

何より私が大事なので知りません!

 

損失もあるかも知れないけど、それを気に病んで死んだり潰れたり何年も引きこもったりするくらいなら、全然そんなの知ったこっちゃねーよ!

 

私の人生の貴重な時間をそんなことに使ってるヒマねーんだよ!

アラサーの3年は大事なんだぞーーーー!!!!

 

私がどうなっても世界は回んだよ!!

 

こんなことで辛い思いしながらしがみつくよりも、知らない人に後ろ指さされても説教されても良いから、もっと楽しいことに時間使いたい。

 

だって時間って有限なんだもん。

先々の心配をする人は立派だよ

責任感があって、勤勉で、真面目な人って立派だけど

 

出来ないことで苦しんで

人の目に怯えて辛い思いして

自分で自分のこと大切に出来ないと思ってるなら

 

全部捨てて良いと思うんだな

 

それでも人生は続くから、何とか生きてかなきゃならないんだけど

 

その何とかをあんまり悲観しないで、楽しい何とかを探したいよ

 

 

 

って思って、私はそんな事をもっといろんな人に広めたいんだよね。

その為に何しよっかな~って感じなんだけど

でもこういうこと考えてる人って沢山いると思うんだよね!

 

もっと楽に考えて良いし

もっと自由で良いし

もっと自分のこと好きで良いし

 

自分に一生責任持ってくれる訳じゃない、会社とか世間体とか

 

辛い時には、そういうのには「ゴメンね!」って謝ってピャーーーって逃げちゃえば良いと思う。

 

だって私に責任が取れるのは私しかいないんだもん。

私に無責任だって言うなら、あんたは私の一生に責任持ってくれんの?って感じよ

 

NHKの過労死の人とか、その他仕事のこととかでダメになっちゃう人ってもっともっと追いつめられてたんだと思う。

 

私は基本的に自分に甘いので 笑

もっとみんなふてぶてしく生きて欲しい

甘えて生きようよと思う

 

つーか責任感がスゴすぎない!?

武士なん…?

 

でも、武士なら私は「お命預けます」って思うような人に付きたいから、私の命捧げてもいい相手じゃないならピャーーーーーーって逃げるよw

 

長々書きましたが、最近の私はこんな感じ。

ちょっとお金のこととか仕事のこととかマジでヤベーんですけどって感じなんだけど、有限な時間を有効活用していきたいと思うのであった。